ミツイオートサービスロゴ 60X60.jpg
auto1.gif
BSサミットロゴ
TUV認証工場ロゴ

万一に備える為に
保険代理店選びが大切です。

あなたをリスクから守る自動車保険

「保険はお客様の人生を左右します」

​無料診断も実施しています。

 ご存知でしょうか?

 「保険選び」はプランと一緒に「代理店選択」が重要だと断言できます。


保険選びというと
「どの保険会社にするべきか」「どんなプランを選ぶか」
と考慮する人が多くなると思われます。

ころが自動車の保険の場合は
どちらの保険会社に申し込むかよりも

「どんな代理店を選ぶか」のほうが重要なポイントです。

ミツイオートサービスでは
ドライバーの責務として、万が一の事故をカバーしてくれる
自動車保険への加入をお勧めしています。

あなたをリスクから守る
​自動車保険

ミツイオートサービスでは
ドライバーの責務として「万が一の事故」を
カバーしてくれる自動車保険への加入を
お勧めしています。
 

「保険はお客様の人生を左右します」

​無料診断も実施しています。
 

どんなに安全運転を心がけていても

事故に遭う可能性をゼロにすることはできません。
快適なカーライフを送るのに必要不可欠なのが任意保険なのです。

ミツイオートサービスでは
ドライバーの責務として、万が一の事故をカバーしてくれる
自動車保険への加入をお勧めしています。

お客さまの保険選択ポイントはなんですか?

選択ポイントは大きく3つあります。

自動車保険の検討イメージ

①保険料を安くしたい

  • 運転する人を限定できますか?

  • 安全な車ですか?

  • 2台目の車ですか?

  • 加入方法を工夫しませんか?

自動車保険の補償内容の検討

②補償内容を考えたい

  • 「対人」は無制限?

  • 「対物」はどのくらい?

  • 「人身傷害保険」はどのくらい?

  • その他の被害にも対応しますか?

  • 盗難での補償は?

自動車保険の事故時体制

③事故時の体制

  • 示談交渉は保険会社にお願いしたい?

  • レッカー代・代車費用は払ってくれるの?

  • 事故後の保険料はどのくらいアップするの?

  • すぐ駆けつけてくれるの?

  • 事故時の費用はどうなるの?

保険が必要な場合とは?!

保険が必要な場合
不測の事故の状況が多いですね?!

この時に即刻サービスが可能なことや事故相手との話し合いなどすべて代理店の体制や経験にかかってきます。
 

事故にあった際に代理店が休みだったら
「どう行動を始めていいのかわからず困る」ケースもあるでしょう。
 

保険の代理店選びとは
「どうしよう困った」といった際に直ちに相談可能なアドバイザーを見つけるようなものだと言えます。

保険会社やプランは、信用出来る代理店である
『ミツイオートサービス』と共に皆さんにフィットするものを選んでください。

なぜ任意保険が必要なのか?

法律で定められた強制保険である「自賠責保険」
への加入は当然ですが

それだけでは十分な補償は得られません。

 

そこで「自賠責保険」だけではカバーできない
さまざまな補償を

「任意保険」で補うのが常識となっています。

保険料の払いすぎはありませんか?!

お客様にベストな保険プランを提案いたします!


ピント外れの保険料はマイナスではないでしょうか。
必要性にフィットする適切な保険加入方法をアドバイスいたします。

補償不十分じゃありませんか?

一番大事な場面で「保険金が出せない!?」こういった事態は避けたいものです。

保険の加入は「カンタン・無駄なく・充分に」ではないでしょうか。

お客様にベストな保険プラン
を提案いたします!

ドライバーが安心してクルマに乗るためには任意保険に入ることが必要です。

しかし保険といっても
対人補償や 対物補償、搭乗者補償、車両保険など
さまざまなものがあり複雑です。
 

ミツイオートサービスでは
専門のスタッフがお客様一人ひとりにあったベストな
「保険プラン」を提案致します。

取り扱い保険

以下3社の自動車保険を取り扱っております。

損保ジャパン日本興亜.jpg
あいおいニッセイ同和-ロゴ

1日型自動車保険

以下2社の自動車保険商品を取り扱っております。

当ホームページでは、お客様の利便性などを踏まえ
インターネット上で契約可能な商品をご案内しています。

scroll

 

比較説明・推奨販売方針について

株式会社ミツイオートサービス

当社は、お客様のご要望にお応えすること、ご意向に沿った商品を提供することを目的として、複数の損害保険会社と代理店委託契約を締結しており、下記のとおり比較説明・推奨販売方針を定めております。

《 比較説明方針 》

 

当社は以下の損害保険会社、共済の商品を取り扱っています。

▷損害保険ジャパン日本興亜株式会社

▷あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

▷東京海上日動火災保険株式会社

▷共栄火災海上保険株式会社

▷三井住友海上火災保険株式会社

▷全国労働者共済生活協同組合連合会

特段の商品優位性をお示しするなど、お客さまが保険契約の内容について正確な判断を行なえるよう必要な事項を丁寧に説明します。

 

<推奨販売方針>

当社は 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 の保険商品を推奨します。

 

所属する保険会社のなかで、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の商品内容・事務手続き・事故対応などに最も精通し、当社の幹事会社であるためです。

【お客さまの誤認防止】

当社は、保険会社のために保険契約締結の代理・媒介を行なう立場であり、お客さまに誤解されないように「公平・中立」との表示・説明は行ないません。

2019年11月策定

2019年11月修正

保険販売等においては、お客さまを取り巻くリスクの分析やコンサルティング活動等を通じて、お客さまの意向と実情に沿った適切な最大限配慮した商品設計、販売・勧誘活動を行って参ります。

また、お客さまのご経験、ご契約目的、財産の状況等を勘案し十分把握したうえで、商品内容やリスク内容等の適切な説明を行って参ります。

お客さまに関する情報については、適正な取扱いを行い、お客さまの権利利益の保護に配慮して参ります。

■ お客さまへの商品説明等については、販売・勧誘形態に応じて、お客さま本位の方法等の創意工夫に努めます。

販売・勧誘活動にあたっては、お客さまの立場に立って、時間帯や勧誘場所について十分に配慮して参ります。

お客さまと直接対面しない販売等を行う場合においては、説明方法等に工夫を凝らし、お客さまにご理解いただけるよう常に努力して参ります。

■ お客さまのご意見等の収集に努め現状を把握し、また、お客さまの満足度を高めるよう努めます。

保険契約について、万が一保険事故が発生した場合におきましては、保険金の請求にあたり適切な助言をして参ります。

お客さまの様々なご意見等の収集に努め、その後の金融販売等に活かして参ります。

2009年4月

株式会社ミツイオートサービス

<勧誘方針>

■ 金融商品の販売等に際して、各種法令等を遵守し、適正な販売等に努めます。

販売等にあたっては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律、金融商品取引法、消費者契約法及びその他各種法令等を遵守して参ります。

お客さまに商品内容を正しくご理解いただけるよう説明内容や説明方法を創意工夫し、適正な販売・勧誘活動を行って参ります。

保険金の不正取得を防止する観点から、適正に保険金額を定めるなど、適切な保険販売を行うよう努力して参ります。

■ お客さまの金融商品に関するお客さまの知識・経験、契約目的、財産の状況等を総合的に勘案し、お客さまの意向と実情に応じた金融商品の販売等に努めます。

 

株式会社ミツイオートサービス(以下「当社」といいます)は「お客さま本位の業務運営方針(FD宣言)」を以下の通り定め公表します。

お客さま本位の業務運営方針(FD宣言)

1.お客さまの最善な利益の追求
 当社は自動車販売、整備、修理等の業務を本業としており、これらの業務で得たお客さまの情報や特性を勘案した保険提案を行なって参ります。
 お客さまへのご提案にあたってはお客さまを自分自身に置き換え、「自分(自社)ならどの保険に加入するか」もしくは「自分の家族ならどう勧めていたか」を判断基準とします。
(1)お客さまに最適な保険商品を提供するため、ヒアリングを十分に実施し、ニーズに合わせた商品・サービスの提供に努めます。
(2)保険販売に際して、お客さまの意向を正確に把握したうえで、その意向に沿った保険商品を的確かつ迅速に行ってまいります。
(3)比較・推奨販売を行なう場合は分かりやすい説明と的確な情報提供に努めます。
(4)お客さまから寄せられたご相談・ご要望・苦情・お褒めの言葉を「お客さまの声」として全役職員で共有し、業務運営に反映して参ります。また、苦情については保険会社とも共有し、再発防止に組織的に取り組んで参ります。

2.利益相反の適切な管理
 保険募集にあたっては、「勧誘方針」「比較説明・推奨販売方針」等の社内規定に従い、当社取引保険会社商品の中からお客さまのご意向に沿った保険を提案する態勢となっており、手数料の高低で保険募集を行なう事はありません。

3.お客さまにとってわかりやすい情報の提供
(1)お客さまの商品に関する知識、ご経験、ご購入目的、財産の状況等に留意し、商品内容やリスクなどについて十分ご理解いただけるように、必要な情報を的確に提供して参ります。
(2)ご高齢のお客さま、特に配慮が必要なお客さまについては、商品の内容や仕組みについて誤解が生じる事がないよう、お客さまの特性に応じて分かりやすく丁寧に説明を行なって参ります。

4.お客さま本位の業務運営方針を実現するために
(1)お客さま本位の業務運営方針を実現するために、必要な知識・スキルを役職員が習得できるよう、教育・研修を一層充実させて参ります。
(2)社内の規定、マニュアルの整備、定期的なモニタリングおよび再発防止策の実施等、PDCAサイクルに沿った態勢整備を進めて参ります。
 

 

関係先ページ

 

Contact Us

「自動車のことならなんなりと」
ご説明はこちらからお問い合わせください。

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram