ミツイオートサービスロゴ 60X60.jpg
auto1.gif
BSサミットロゴ
TUV認証工場ロゴ

中古パーツ・リビルトパーツも取扱い

修理費用を経済的に♪

少しでも修理費用を安くしたい・・・

そんな気持ちになるのは当然ですよね

「中古パーツ」は、そのような悩みを少しでも軽くするだけに限らず
「環境を守る」と言われている大切な役目を持っています。
 

現在はプロフェショナルの専門業者が徹底した品質管理やテストを実施し
中古ではありますが品質は十分に保証可能なものを取り扱っています。
 

リビルトパーツ
故障または不具合にて回収されたパーツを根本的に分解・検品・修理を実施し
100%機能する状態にして取り扱いしているものです。



「一回でも使われている」という意味では中古部品みたいなものですが
分解・交換が実施されているところが全然違うところとなります。
 

自動車を安心していつまでも乗り続けていくうえで何かしらの
不具合が起きてしまったら「修理は必須」ですね。
 

困った際に頼りになる&安心できる
専門修理工場のある「ミツイオートサービス」におまかせください。

リビルトパーツとは

もともと中古部品ではあるのですが、パーツを分解して基本全交換します。磨耗・劣化したところを新品部品と取り換えを行って再生した「パーツ」となります。

メーカーの「新品」と違うところは、まだ使用できるパーツは中古部品のままという事です。日本中のメーカーにて再生されたものは、一切を分解・洗浄し、悪いところがあったなら新品部品に取り換えを行ってから組み付けられて結果的には品質テストについても実施して市販されていますので信頼度も担保されているのです。

しかしながら正規のメーカー以外、あるいは国外のリビルドパーツのケースでは、悪い箇所を取り換えただけといったモノも見受けられますので注意が必要だと言えます。

「リビルドパーツ」は中古部品があって成立するものですから、車種次第では見つからないことも考えられます。

発売されたばかりの新品の型式の車または販売台数のあまり多くない車などは当然ですが数が少なくなってしまうのです。

中古パーツとは

現状車で必要に応じテスター機器でチェックした後、車輌から取り外した中古パーツを洗浄・再点検を実施し出荷されるパーツです。

 

新品または「リビルトパーツ」等の方が優れている事は言うまでもございません。

 

しかしながら高価な値段を予想すると「新品」や「リビルトパーツ」が絶対的に良いか?

と言ったら必ずしもそうではございません。

 

 メーカー純正品の耐久性がとても優秀である為「中古パーツ」もとても信頼があります。

 

実際、近頃のリサイクルブームになるずっと前から日本中流通しており再資源という様な視点からも昨今見直されております。

 

自動車パーツは多彩な為「中古パーツ」として在庫を所有していない場合は、新品部品と組み合わせて利用したり、高額なパーツは中古パーツで利用したりと使い分けてご使用することでずいぶんと経済的に節約出来るはずです。

中古パーツを
活用する際の
メリット&デメリット

メリット

お財布の面と環境面と2つの魅力がではないでしょうか。
 

経済的に修理代が安価で済む場合があります。


修理の為には必要な部品を準備する必要があります。
 

「中古パーツ」のケースでは、新品と比較して安価で済みます。
 

修理費用は主として『作業工賃+部品費用』などで計算されるので、部品代が安価な為に修理費用も安価となります。

『環境保護』に嬉しい

新品パーツを製作する事になるとフロンガス・二酸化炭素などを排出することになります。
 

ところが「中古パーツ」なら既に完成しているものを使用しますので新規に製作する必要がなく『環境保護』の役割をもっていると言えます。
 

『環境』保護を強く叫ばれている最近、中古パーツのニーズは次第に高まりつつあります。

デメリット

「最大の問題」は、在庫を保持しているのかどうかとなります。
修理に必要な中古パーツが有るという保証はないのです。


市販されて存在するものがすべてで、見つからないケースもあります。
 

中古パーツと聞くと「耐久性」を不安になる方もいると思います。

それも無理はありません。

中古品ということは、いつ壊れるかもわからないというのがというのが本当のところです。
 

修理は安く済んけれども、また短期間で壊れてしまうのではないか?
なんていう風に想像するみなさんの気持ちはとても理解できます。


多少なりとも価格は高くなりますが新品くらいの期間はなくとも一定期間はアフターサービスえお受けることが可能だという事です。


信頼できる修理工場にお願いして安心できるパーツを利用することをオススメします。

 

メリット

・「リビルトパーツ」は新品のパーツと比較をした場合安価に手配できる。

・中古品とは違って再利用可能か点検をした後、厳格な基準の下”分解・修繕・洗浄・リストア・検査”の5つの段階を踏む為動作に関する信頼性が高く再度故障する確率が低い。

・​一定の保証期間が採用されている部品もあり新品部品と一緒の返品取り換えのアフターケアが行える。

・実施されている検査の質・量ともに中古部品と比べ上なので不具合が起きる確率も大幅に低くなる。

・破損した箇所を修理するのと比べてもリビルト品で代替した方が工期が短い。

・供給が足りない部品を探しているときに利用することができる

・古い年式(型式)の車種等もはや新品部品の供給がなくなってしまったパーツであっても利用することができる。

 母体は中古部品だとしても、一層手を加え上質な中古部品へと格上げされた物が「リビルトパーツ」であるということがわかるかと思います。
リビルト品は中古部品と比較して満足できることがわかります。

デメリット

リビルトパーツの母体は”「中古パーツ」となります。

その為厳格なる診査等は行われているにしても『目に見えない劣化』とされている部分はなかなか防ぎようがございません。

100%の信頼を置くのは避けておくのが当然の事だと言えるかもしれません。
そのことを払拭する為に、リビルト品専門業者は保証期間を設定していると言えます。
 
リビルト品の5階段は手作業で実施しています。
その為「リビルトパーツ」によっては仕上がりの差があったりすることが稀にあります。
そのギャップを無くすように厳格な診断を設定しているのですがそれでも作業する人が増えればその分だけエラーが増えるのは必然と思われます。
そんな原因もあり100%の信頼が必要だとするなら結果的に高価な新品部品を入手する方が良いと思います。


”低品質のものを入手しない”ためにも
リビルトパーツを取り扱う専門業者もしっかりと調査し信頼の置ける専門業者とリビルトパーツのやりとりを行うよう心がけましょう。

【注意点】
再生部品ゆえに入手できない事や在庫が欠けている部品もある。
自動車にそもそも付いていたパーツはリビルドパーツと交換した後は再利用するという理由で回収されます。
車種(型式)・部品の種類によって直ちに入手出来ないケースもあります。

リビルトパーツを
活用する際の
メリット&デメリット

 

ミツイオートサービスでは「中古・リビルトパーツ取扱」もお取扱いできます。

車検整備・鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理等も)や自動車販売・保険・
カーナビ・オーディオ取付などは
世界基準TUVプラチナ認証工場の
「大阪府門真市のミツイオートサービス」におまかせ。

話題の電気自動車の販売も取り扱っています。ぜひお問合せ下さい。     
電話番号06-6900-0321へお問合せ下さい。

Contact Us

「自動車のことならなんなりと」
ご説明はこちらからお問い合わせください。

 

関係先ページ

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram